+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

ハロウィン

ハロウィンだからといってお祝いなり何かしたことは、これまでの人生においてない。あの一度を除いては。ハロウィンの意味も分からずに(今もだが)、一緒に過ごす特別な日の一つにするためにいつもより豪華な彼女の手料理で乾杯をすることにした。「ハロウィンって何すりゃえーの? 外出て暴れ回ったりするんちゃうの?」と、オレ。「そんなん知らんわ」と、そっけない彼女。「ま、ええわ。ま、乾杯ってことで。 で…、何てゆー...

 31, 2007   4
Category  あんなこと

地下鉄

地下鉄。向かいに座るさえない男に目がいくこんな彼にも大切に思う人がいてそして彼を大切に思い、必要とする人達がいるのだろうか?これまでに、どんなことをし、これから何をしようとしてるのか?どんな想い出を抱え、どんな苦しみを背負って生きているのか?例えば、この場で急にその存在がきえてしまったら?これだけたくさんの人がいるんだ。一人くらいいなくなったって、たいしたことないんじゃないか・・・いなくなってしま...

 30, 2007   5
Category  こんなこと

『HERO』

あれ?と思った時には終わってたってことのないように、昨日、『HERO』(木村拓哉、松たか子他)を観に行った。面白かった。が、ドラマ本編と特別編をみていないと、分からないシーンも多いのでは?と感じた。(ストーリー上は分からなくても問題ないと思うけど)木村拓哉扮する久利生公平が、相変わらずの型破り…いや真正面から、真実を追究していく。ドラマにはなかった法廷でのシーンも迫力があり、また、久利生の正義を貫く姿...

 29, 2007   7

ショートストーリー⑤

1000文字ちょうどのショートストーリーその5です。昔書いた4つに新しく書いた1つ。「切なさ」をどこかに詰め込んだつもりのショートストーリーも今回で最終回となりました。一人で勝手に、寂しくなってます。(←アホ手直して、一つ書いて、アップしただけなのになんかちょっと燃え尽きた気分。お付き合い頂き、ありがとうございました。最後は、とある「別れ」です。...

 25, 2007   4
Category  あんなこと

ショートストーリー④

1000文字ちょうどのショートストーリーその4です。自分の場合、バーッと書いていると、いつの間にか、1500~2000字くらいになってしまいます。それを1000文字にするのですから大変です。(そのため、意味が分かり辛くなったり、展開に無理が生じたりしますが…)後、言葉を換えたり、加え直したり。でも、Wordの文字カウントとのにらめっこは、自己満足とは言え、やってみると工作のようで、なかなか面白いものです。興味のある方...

 24, 2007   2
Category  あんなこと

ショートストーリー③

1000文字ちょうどのショートストーリーその3です。元々書いていた物語が4つでしたので、次回の4回で終わりのはずでしたが、載せてる間に、興味が湧いてしまって、また、自己満足の物語を一つ書きました。ですので、その5までありますが、是非、お付き合いください。今回は、とある南の国で中国の女性と恋をし、その彼女と過ごす最後の夜の話です。(ちょっと自分では納得してない部分もあるんですが、 良かったら読んでやって...

 23, 2007   2
Category  あんなこと

男同志でアイス食って何が悪い

ホームセンターにあるフードコートで、うどんを啜っていた。目が留まってしまったのは、近くに座っている、私服の男性二人組。歳は、30代前半と20代半ばか。二人でサーティーワンのアイスを食べていた。何だか楽しげ。どういう関係だろう…単に友達?会社の同じ寮に入っている先輩後輩?どうでもいいけど、気になる。想像はあらぬ方向へ。おぇっ貧相な想像力…(汗...

 21, 2007   8
Category  こんなこと

ショートストーリー②

1000文字ちょうどのショートストーリーその2です。数少ないネタなので、自分の中では貴重なエントリーです。このS.S.ネタが尽きた時、Blogは閉鎖します。いや、そんなことはありません。引き続き、お付き合いください。今回のは、彼女のキモチが手の中にあるのに、それでもどうすることも出来ない切ない想い…って内容です。で、これ、R15指定ですから。(↑言ってみたかったらしぃ)...

 18, 2007   6
Category  あんなこと

ショートストーリー①

以前、LiveDoorの方でBlogをやっていた時に、1000文字(ピッタリ)という限られた文字数の中で物語を作る「ショートストーリー(S.S.)」なるものを当時のBlog仲間の方々とやってました。自分の場合、独創性に欠けるため、どうしてもほぼ実話。文章力にもかけるため、「物語というより、作文だわ、こりゃ」ってな感じなんですが、幾つかPCの奥底からヒョイっと出てきたので、一つずつ載せていきたいと思います。今回のは、高校を卒...

 16, 2007   2
Category  あんなこと

最近観た映画(DVD)

最近観て、記事にしてない映画。ここ最近、完全に邦画に偏ってます。◎は「良かったよっ!」○は「良かったよ」△は「まぁまぁだったよ」個人的な意見だけど。観た時の気分にもよるし。...

 15, 2007   2

『武士の一分』

『武士の一分』(2006年)(木村拓哉、檀れい、笹野高史他)個人的には『たそがれ清兵衛』よりも面白かった。面白いと言う表現が正しいのかどうかわからないけど、武士の生き様云々もそうだが、とにかく木村拓哉が格好良かった。役に埋もれず、良い意味でキムタクらしさのでてた映画だった。「男とは…」「女とは…」「そして武士とは…」現代に武士はいないけど、考えさせられる内容。もし、まだ見てないようでしたら、一見の価値有...

 13, 2007   2

思春期の妄想

予め断っておきますが、下ネタ嫌いの方はスルーしてくださいませ。さて、「少年Don」の話。至極健全な中学3年性 生(?)。それこそ、エロ妄想爆発期。隣のクラスの女のコ。体育館でクラス毎に整列した時の後ろ姿。5、6人くらい前。後ろから、こう(←説明になってないし…)、胸をガバッと。そういう衝動に駆られてた。だって、そうなんだから仕方がないっ!(←何故かキレた大きさがどうかというと小さい方だったはず。だから、...

 11, 2007   2
Category  あんなこと

『パッチギ!』

『パッチギ!』(2005年)(塩谷瞬、沢尻エリカ、オダギリジョー他)日本国内の朝鮮社会と日本社会の複雑な関係を描いた映画。朝鮮学校と日本の高校の生徒が喧嘩を通してぶつかり合う一方で、一人の日本人高校生(塩谷瞬)が、リ・キョンジャ(沢尻エリカ)に恋をする。民族問題がメインの映画であり、重たい主題ではあるが、ラストでは、朝鮮の一曲の歌を通して、共通項の光を見いだす。コミカルでもあり、シリアスでもあり…ラブ...

 10, 2007   2

『出口のない海』

『出口のない海』を観た。以前に原作も読んだ。(出演:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里 他)太平洋戦争末期に作られた特攻兵器人間魚雷「回天」に乗り込んでいく若者達の物語。昔、山口の回天記念館に行ったことがある。鹿児島の知覧特攻平和会館にもいったことがある。その見学した当時は、自分自身が実際に特攻隊として乗り込んでいった若者達と同じ世代だったこともあって、展示されている手記や手紙など、釘付けになって読...

 09, 2007   0

やってもうた

土曜日は身体の調子が良くなくて、風邪の前兆かと思い、一日中寝まくってた。で、今日、寝たかいあってか気分も悪くないので、一昨日、金曜日の「Mステーションスペシャル アゲうた&ナキうたBest100×2」を途中からだけど、ビデオに撮ってたやつをみようと思った。・・・。「世界びっくり人間!ニッポン珍滞在記2!」だったりするし・・・。こっちが びっくり だよ。ったく。...

 07, 2007   0
Category  こんなこと

別れ

出逢いも別れも、多くは秋から冬にかけて。自分自身の法則のようなもの。「別れ」についてと「想い」について、以前書いた1000文字の物語(実話だけど)をいずれここに載っけるつもり。今日は「別れ」についての自由文。...

 05, 2007   2
Category  あんなこと

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『LIMIT OF LOVE 海猿』(2006年)(伊藤英明、加藤あい他)マンガも、一作目の映画も、ドラマでも見たことなくて、邦画のアクションものなんて、とたかをくくっていた。が、面白かった。スピード感があって、スリリングで、感動的。「おい、そんな切迫している時にプロポーズしてる場合かっ。」とツッコミは入れたくなったが、それはそれでよし。で、調べてみたら、2006年5月に公開され530万人を動員し、興行収入71億円の大ヒット...

 04, 2007   2

『ジョゼと虎と魚たち』

『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)(妻夫木聡、池脇千鶴、上野樹里他)あまり期待せずに借りてきたはずだったのに、今まで観ていなかったことに損した気分になった。大学生である恒夫(妻夫木聡)のアルバイト先である雀荘で、話題になっていたのが、明け方に見かける気味の悪い婆さんが押しているその乳母車の中身のこと。偶然、恒夫はその乳母車の中身を見ることになる。乳母車には、半身麻痺のジョゼ(池脇千鶴)が乗っていた。...

 02, 2007   2

映画鑑賞は

DVDを借りに行く時はTSUTAYAを利用している。新作を借りるのは贅沢だと思っているので、滅多に借りない。準新作は、観たいものがある時にたまに利用。と言うわけで旧作、しかも半額になる水曜日に利用している。しかし、新作で出ている映画がどうだったか、時にはここで書きたいものである。で、今回(先週)借りてきた映画 ・海猿 ・ジョゼと虎と魚たち ・パッチ アダムス結局、全部旧作です。(汗でも、大当たりでした。全部...

 01, 2007   3