+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

リスクの確率

福岡から帰ってまいりました。父がリンパ腫と分かり、骨髄にも転移していたとの報を受けての帰郷でした。父の見舞いというより母の見舞いだったのかも知れません。先週金曜日の夕方の便で立ち、バスでもタクシーでもすぐなのに超頭脳明晰な従兄弟が迎えに来てくれました。癌は珍しくない病気とは言え、とっても少ない親族なのに、難病やら精神疾患やらと何かと闘病な血筋なのでございます(困で。乗り慣れてないわけではないと思う...

 30, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

夢みますか?

目覚めた直後は覚えているような気がして、そのすぐ後には記憶から消されていく夢。久し振りにインパクトのある夢をみた。あの瞬間の冷や汗は本物だろう。肩がない。肩が無くなっていたのだ。肩にかけたはずのショルダーバッグが無惨にも落ちる。焦った。恐らく、最近買ったショルダーバッグタイプのカメラバッグを立て続けに使っていて、それまでのデイパックタイプのカメラバッグをここのところ使っていなかったから、心の何処か...

 24, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

隣駅で大冒険

この休みは寝て過ごす。と、言ってはみたものの、体は動くし、何処にも行かないというのも自己嫌悪に陥るから、隣駅の無印を第一目的地として出かけてみた。目的地を明確にしないとUR Doorsに捕まってしまう。Doors はスルー。無印はなんだか心地いいよね…などと入ってみると、いきなり、あっけなく(前々記事参照)、どーんと、店先の七分袖のリネンシャツマネキンが目に飛び込んできた。「はい、これ頂き」「はい、これも頂き」...

 21, 2013   4
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

へこたれ一週間

いつも疲れているが、今週は特に疲れた。時間の長い仕事なら今までいやと言うほど経験しているが、人の人生に直結する障害者の就労支援という仕事も、なかなか濃いものがある。今週の手帳に余白がないことは予め覚悟をしていたのだが、目にするのと実際やるのでは違って当たり前で、火曜の夜にはへたってたので、よくこの一週間を過ごしたなと思ったりする。あれでよかったのだろうか、こうした方が良かったんじゃないか…迷いもま...

 20, 2013   0
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

理屈じゃないんです

先週末のことだったか、佐藤隆太を見た。と言うか出勤したら居た、に近い。勿論僕を訪ねて来たわけではなく、ドラマのロケをやっていたわけで。オーラが凄いね、役者さんって。それに彼、背が高いだけでなくて、めちゃくちゃ細かった。あんだけ目立つんじゃ、芸能界という世界の人達は日常生活も大変だろう…とか思った。さて。先日、夏に向けてTシャツや夏物ラガーシャツなどをモンベルで買った。物持ちのすこぶる良い僕には、いつ...

 18, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

拝啓 キヤノン 様

先日、成田空港に行った時にカメラを落っことしたし、購入して3年経つことだし、落としたカメラとレンズをチェック兼メンテナンスにサポートセンターに持って行こうと思ったら、上野のサポートセンターが3月末で営業を終了したとのことでした。違うところに持って行けばいいだけのことのようで、持ち込みに出かける気力が失せました。はっきりとした不具合が出たら…にします。写真のタンポポシリーズは、Panasonicのカメラとレンズ...

 16, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ハート

タイトルはなんだかロマンチックにしてみたが、つまり「心臓」についてである。心臓が一生の内に脈打つ回数は決まっていて、だから脈拍の速いネズミはその一生が短いのだと何処かで教わった。何かしらの病気にかかって人は死に至ることが多いので、心臓の寿命を全うする人は少ないと思う。しかし、気になる話である。何故なら僕は、2割増しぐらいに速い。それを知ったのは、脳の神経細胞の調子のお陰で入院した時のことだ。神経細...

 15, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

息抜き

スマホになって、企業さんとの面談中でもテーブルに出しておくのが普通になりました。携帯の時には考えられないことですが、スマホがPCのように、ビジネスツールとして認められてきたということでしょう。これからの面談の要点などは、事前にPomeraから取り込んでEVERNOTEに入れています。個人の意見はその場でどうにでもなりますが、機関としての方針には盛るわけにはいかないので、EVERNOTEを開いて骨子を確認するようにしていま...

 13, 2013   0
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

EOSの話題でLUMIX

上の写真のことはさておきまして・・・帰宅してメールボックスを開けると・・・Canonから「EOS新製品 発表・発売のご案内」とのタイトル。キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!7D mkⅡ? 70D?なになになになになになにーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー??仕様を教えてくれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!Nikonからはつい先日D7...

 11, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

初 A380

「勝手に新年度明けましておめでとう休暇」の最終日、JAPAN RED に拘るでもなく、成田に行って来た。総2階建の超大型旅客機A380。これが目的ではなかったけども、目の前で初めて見るその姿に興奮していた。滑走路に向かうために目の前を通り過ぎていく。が、強風のため前が離陸前の飛行機で渋滞している。「こんなデカいのんが飛ぶんか…」と思った直後、誰やら僕に話しかけてきた。フリードリヒであった。英語ではあったけれども、...

 08, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Pad 考

ある写真家が仙台で使っているのを見て影響されKATAのデイパック型カメラバッグを使うようになっていたが、最近は、DOMKEのデイパック型とショルダーを使っている。カメラとかレンズとか、写真用の機材というのは何かと重くて、ショルダータイプのものだと、収納する量によっては肩に食い込む。DOMKEのそれは、滑り止め加工はされているものの、パッドはない。大方のカメラバッグにはパッドがついていて方への負担を軽減されるよう...

 06, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

JAPAN RED

E6系スーパーこまちをちょっとだけ撮りに東京へ。先日、仕事中に通った際、山手線内回りのホームからチラリと見えたのだ。間を走る外回りにも東海道本線にも列車はなく、とても良い感じで幾つかのホーム越しに見えたJAPAN RED。平日だから同じ時間に行けばあの光景に会えるはず…こんなはずじゃ、こんなはずじゃなかったのに。存在感だけのJAPAN RED。チラ過ぎるやないか。 いや、もしかして違うのか?こまちの頭んとこか屋根じゃ...

 05, 2013   0
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

あたまのわけ

「あたまからでよろしかったですよね」 「ええ、お願いします」これは、毎日のようにコーヒーを飲んでいるロッテリアでの店員と僕との遣り取りである。ドリンクチケットの一枚目は、お尻からではなくあたまから切り取って欲しい僕のための店員さんの投げかけで、理由は、あたまは他のチケットの倍の大きさで、その無駄が嫌いだから・・・たったそれだけのこと。たったそれだけのことで、店員さんの労力を消費しているわけで、逆の...

 03, 2013   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

浴びる賛辞

ちょっとした空き時間に、すっと出してすっと読める、しかも、何冊でも持ち運べるブックリーダー。浅田次郎のエッセイの次は、『執事のダンドリ手帳』。そろそろ…と執事を目指すわけではない。そもそもそういう本でもないと思う。…と思う…そう、ブックリーダーのここが弱点。内容を吟味できないのだ。ということで、そんなわけもこんなわけもなく、僕は『執事のダンドリ手帳』を読み始める。ある年の4月あたま、大阪のある大学を...

 01, 2013   2
Category  こんなこと