+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

終わらない夜

いざない ×( X-T1 + XF90mmF2 R LM WR )最短撮影距離が比較的短いこのレンズ。とは言えここまで寄っては撮れません。トリミングしています。なので使用レンズは無視して頂いた方が良さそうですね‥。自分自身の対人関係の価値観、恋模様に大きく影響し続けてきた幾つかの出来事。その後。時に純朴にもなり、逆に夜叉の如きにもなってしまいます。後者も多く‥。その根底には、恐らく、僕の中に根深く潜む「人間不信」があるのだと...

 30, 2016   12
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

夢の続き

夢の続き ×( X-T1 + XF90mmF2 R LM WR )その瞬間瞬間を思い出という題名のアルバムに焼き付けていきながらこの瞬間瞬間の連続がこのままずっと続き終わらなければいいと願う明日が昨日の続きならばこのまま夢の中から覚めなくていい気がした...

 27, 2016   8
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

花待つ

春の陽に ×( X-T1 + XF90mmF2 R LM WR )久々の水元公園。ロモ風仕上げ(笑直ぐ近くですが車を手放してからというもの行く機会がなくなりました。僕の写真はこの場所から始まったと言ってもいいくらい大事な所です。今日は、桜はまだほとんどつぼみですが、「お花見」と言う名のイベントでした。咲くを愛で散るを感じるもそれが、春を告げる季節からの贈り物ならば、蕾みの下の「お花見」は、より人との繋がりを感じる素敵な時間...

 26, 2016   10
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

黄節

in the Blue ×( X-T1 + LENSBABY Velvet 56 )菜の花。撮りたくなります。毎年撮っている気がします。桜はと言えば、気が向いた年は‥という感じですけどね。黄色。その色に拘ってみたくなるのはやはりこの季節だからでしょう…...

 23, 2016   12
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

官能性能

春の住人 ×( X-T1 + LENSBABY Velvet 56 )カメラ売場に立ち寄れば、X-Pro2とPENーFをさわさわしています。どちらもスペック上の数値や機能からは割高な印象を受けるのですが、操作感、特にシャッターの音、感触。いいなぁ。すごくいい感じです。カタログからは分からないこと。実際に手にして初めてわかること。そこに拘ったんだろうなと想像しています。官能性能主義。...

 21, 2016   14
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

陰陽天使

本とカメラの休日 ×( X-T1 + XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR )月からなのか太陽からなのかは、確証を得られないのであるが‥いや、その掴めない姿こそが魅力の源泉なのだろうと思えたりする。でも間違いなくそのどちらかである。実は火星でしたってことはない。今は地球上にいるのだけれど、勿論この星に生まれたわけはない。自分のことさえ分からないのに、知ったフリも出来ないのだけれど、恐らく…彼女は月から来たんだと思う...

 20, 2016   6
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

タイの相場感

街陰の日向 × X100T靴が欲しい、鞄が欲しい、時計が欲しい、スーツがYシャツがネクタイが・・・もうね、仕事モードだけでもお金が幾らあっても足りない感じなんですよ。じゃ、手持ちのカメラとかレンズとか売ってしまおうかとなるのかと言えば、OLYMPUSを売るは肉体を売るが如く、FUJIFILMを売るは魂を売るが如し。そんなこと出来るわけないですよね。で。ネクタイなんですけどね(そこか)。まったくしめなくなったなった今でも、...

 19, 2016   2
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

フラストレーション

× X100T神楽坂周辺で一番気になる場所。いつも通ります。いつも撮ります。なのに、その雰囲気を切り撮ることに納得したためしがありません。難しいです。いつかはお届けしたいこの場所でしか聴けない囁き‥。何が要るんだろ‥。雨?人?猫?どなたか撮り方を教えてくださいませんか-?(笑...

 17, 2016   6
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

X100T 23mmF2

日当たり × X100TFUJIFILM X100T。このカメラのレンズ特性を掴んだわけではないですが、なんでもないようなありふれたシーンでも、逆光から半逆光で今の僕好みの写り方をしてくれます。いつか夢の中で出会ったことがあるようなないような、そんな光景に…フィルムシミュレーションは、濁りがあって低彩度のクラシッククロームで。最近のデフォルトです。...

 15, 2016   6
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

キロ

Circle × X100T永遠を突き抜けたら、明日は今日に繫がるのでしょうか…躁に振れた状態でもないので、気持ちがいけいけなわけではありません。いたって冷静に自分を見つめているつもりです。ですが、状況だけはいけいけな感じで変わっていて、それについていけていません。今の仕事は好きだし、やりがいもある。地位はないけど、立ち位置はある。今が辞め時とは思えない‥一方で、他にやってみたいこともある。その扉に手が届くのかも...

 13, 2016   4
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

再野人

繋手 × X100T手を繋いだらその日は 100点。この寒さを抜けたら、徐々に、そして一気に春に向けてあたたかくなっていくのでしょうね。実は僕は、キャンプが好きだったりしたのですが、またうずうずしてきました。国産ブランドである snow peak のカタログを久々に取り寄せて眺めたりしています。持っているものと随分デザインも変わったなとか、アイテムも増えたなとか感じつつ、星空の下、美味しいお酒と揺らめく炎、静かな一...

 12, 2016   8
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

感情の記憶

街角 ×( OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 )壊れてしまったと思っていたウォークマンが復活しました。良かったです。随分前のアルバムですが、今、大橋卓也さんのDrunk Monkeysを聴いています。『はじまりの歌』に宿っている、感情の記憶を呼び起こしてみたかったからです。音楽なしでは生きていられませんが、暫く歌わぬ間にすっかり音痴になりました。歌を歌ってすっきりすことはなく、悶々としながらカラオケ店を後...

 07, 2016   6
Category  こんなこと

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

彩る

席 × X100T決まっていたことに辿り着くために 涙流してきたのだろうとそれを春風と陽光に誘われ芽吹いた 花の彩りに例えてみたり一年後の自分がこんなにも想像出来ないことはありません。どの道を通って、そこに365日後の今日があるとしても、それはそれなりの役割と立ち位置を持ってやっていそうな気はします。とは言え、少しは想像できないと不安なものです。多分、その時もまだ僕はここにいるような気がしています。そして言...

 04, 2016   10
Category  こんなこと