+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

彼女のピアス Ⅱ

EP5T0102.jpg

3月からの超過勤務分の振替を消化中。今週は月、金を休みに。連続の三連休。
間の火、水、木もストレスの少ない予定だけが寝そべっている。その上。
面影さんとお酒を飲みに行くのだ。知り合って二ヶ月。職場で公言していた夢叶う。
叶えば翌日職を辞すと言っていたものの、それはちょっと盛ってみたのであって仕事は続ける。
今後担当には別の職員を置き、僕は黒幕のように裏から指示をする役になることになっている。
面影さんとの関係は激減してしまう。嘆いたところでそれが現実だ。
ただそこで、窮した鼠は猫を噛んだ。
石橋は叩いて渡り、結果が掌に乗るまで動かない。ズルい、
纏う衣服が柔肌を滑っても、僕はじっと黙って言い訳を待つほどにズルい。
そんなひたすら傷付きたくない僕が、面影さんを、しかも仕事相手先の人を誘った。
もう、三度目の面影には出会えないだろう、これが最後だろうという切迫感からとしか説明つかない。

初めて会った瞬間「あっ」と思った。息をのんだ。名刺に浮かぶ名前に共通項がないか瞬時に探した。
それから白い肌もクールな雰囲気も。知性を感じる丁寧な言葉運びも。隙のない感じまで。思い出す、蘇る。
僕はその面影さんのことを随分前の彼女に重ねて知った気になってるという錯覚に陥っているが、
実のところ何も知らない。勤めてる会社と自宅最寄り駅。あと、希望として女性であって欲しいということくらい。
彼がいるとか、既婚者であるとか、ファンとして乗り越えなければならない突きつけらる事実は二の次。

僕は昔の僕になりすまして、素でかちんこちんになって、目の前の人が誰か分からないまま酩酊する・・・
実は、そんな心配も不要なほど、この件に関しては仮の約束の後は互いに触れず触らずで、
そんな社交辞令の域にプロットされる約束は、もしや狂い咲いた夢の花片かと思い始めていた昨日の夕方。
メール。仕事の用件の最後。「・・・楽しみにしております」と(跳)。
仕事を離れた面影さんに、存分に見とれ、瞼に焼き付ける。視線を外した先のピアスを、ではなく、
その人そのものを。


2 Comments

花音  

love love love … ♡

お早うございます Donさん。

今回は 男心をちょっぴり教えていただいたような…(笑)
可愛いDonさんのお姿拝見♪
女性を面影さんと称するのも Donさんの書かれる詩とリンクしますね~♡笑

love love love
ねぇ どうして~ ♪

Donさんの為に歌っちゃいましょう…(笑)

またお邪魔させて下さいね♪
花音

2014/05/29 (Thu) 07:24 | EDIT | REPLY |   

Don  

花音さん、こんにちは

☆ 花音さん

 都電荒川線に、面影橋という電停があり、2、3年前、
 都電散策の際、その名に思わず下車したことを思い出します。
 別の人に別の人を重ね合わせることは理性ではとめられず。
 それでも、面影を重ねただけなのか、面影が薄れていくのか・・・
 そんな微妙な心理が、手紙にも出ているのでしょうか。

 歌のプレゼント。ありがとうございますっ(笑
 (今、選曲して、聴いています)

 
 職員からは、「ギャップを使え」と異口同音にアドバイスを受け、
 日頃、意識してギャップを生んでんじゃないんだよと思いつつ、
 「はい」と素直に受け入れています。


2014/05/30 (Fri) 15:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment