+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

炎上



先日。朝礼が炎上した。
ベテラン職員が比較的新しい職員の為体を糾弾しはじめたのだ。
朝から全く終わりの見えない大炎上。女性職場こえぇ。
焦点さえ行方不明になってきたところで、そういう役目なんだろうなぁと、
秘技、「意味のないことを言ってるのにそれらしく聞こえるの術」。

LINEの相手のひとりは、恋い焦がれた初恋の彼女。
知り合った年齢を二倍にしてもまだまだ余る。長い付き合いだ。
他の仲間達は僕らが少し特別な関係だったことを知っているのだろうか。
女友達同士はそんな話もするのだろうから知っているんだろうな。
でも、会っても誰も何も触れない。タブーなのか、もしや本当に知らないのか・・・
今度思い出話のひとつとしてどうかな。炎上するかな(汗



5 Comments

ゆりふぁ  

初恋

男性にとって初恋の女性というのは特別だとか・・
少し特別な関係だったその女性は DONだんにとって
その後も変わらず特別で永遠ですか?
それとも他の女友達と同じ部類の 
単なる仲間の一人になってしまいましたか?

2014/11/02 (Sun) 18:37 | EDIT | REPLY |   

Don  

ゆりふぁさん、こんばんは

☆ ゆりふぁさん

 焦がれましたしね。特別ですね。
 仲間同士で飲んでても、他の友人とは違う意識が向いてしまう。
 それが恋心かと言うと、もう終わっていますけどね。
 友達を好きになるというのは、今考えると不自然ではありませんが、
 その時は、「なんてこったい」と恋と友情、二つの悩みを抱えたものです。
 意識だけでなく、今でも何故か面と向かうと緊張します。
 もしこの先、思い出話として少し特別の関係であった話でもしようものなら、
 消えた恋心のあかりがまた灯るのかもしれませんが・・・
 だからしないのかも知れません。暗黙の了解でしょうか。

 
 

2014/11/02 (Sun) 22:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/03 (Mon) 09:52 | EDIT | REPLY |   

Don  

鍵コメさん、こんにちは

☆ 鍵コメさん

 こちらからお邪魔して、お返事させてください。


2014/11/03 (Mon) 10:24 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/05 (Wed) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment