+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

得にくい達成感



帰りの電車の中の空気は重かった。いや、僕が吐き出す二酸化炭素の濃さとか。
これで良かったのか、何か悪いところ足りないことはなかったか・・・
売上などの数字として表れない今の僕の仕事は何の尺度で測られるのだろう。
自力ではすっきりできない日々にもどこかで折り合いをつける。

雇用主の思惑。被雇用者、その家族の思い。
どちかの代理人ではなく、両者の代理人として調整にあたる。
その後のことは結果論といえばそれまでだが、それでも人の人生に関わることに変わりない。
係争にも発展しかねない問題にも落としどころを用意し、円満に終える。
などと書けばスマートだが、実際は弱みにつけ込んで黙らせることもある。

いつ誰が見出したのか、営業の第一線にも、事務屋にも向かない僕は、
定型のない社内外での調整役としてのポジションに向いていることになっている。
人事や広報、クレーム処理とか社長室とか、そういう畑のサラリーマンであった。

それが本当だとすれば今まさに適職に就いているとも言えるが、
結局は用意した脚本通りに演じてもらわねば困るという・・
傲慢さを認めながらの仕事なので、事が筋書き通りに進んで行っているとしても、
それはそれで、そしてたとえ感謝さえされたとしても、案外気分は晴れないものだ。

恣意的でもあり、その傲慢さを承知した上で、
全力で向き合えているか、手を抜いたりはしてないか・・・と。
日頃は意識にも上がらない「福祉」という軽々しい言葉が、時として重くのしかかる。
慣れないねぇ。

2 Comments

Ria  

No title

Donさん、こんばんは。

お仕事お疲れ様です。
Donさんのお仕事の大変さを少しだけ知ることができました。
定型がないマルチタスクなお仕事されているんですね。

ある程度、道があるところを整備したりメンテするってなると指針があるけど
定型のないお仕事だと、ジャングルの草刈からはじめるようなものだから、
道路整備して舗装してから間違った方向目指しちゃっていた。
なんてこともあるから難しいし大変でしょうね。

以前業種は違えど、定型のない仕事をしていたことがあるので
今日のブログは共感できる部分が多かったです。
ちょっといろいろ思い出して考えてしまいました。
ご自分の中のいろんなものを削り取られるようなことが多いでしょうから
ちゃんと自分の中にできた空白、キチンと補充してあげてくださいね。

今日1枚面白い写真ですね。
これはどこの建物なのかしら?中華系の建物?
ラーメン文様がすごく気になっています。美味しそう(違笑

2014/11/10 (Mon) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Don  

Riaさん、おはようございます

☆ Riaさん

 この写真は、日比谷駅辺りの明治生命館だったはずです。
 古い様式の建物は、やはり日本離れしていて、おやっと、
 ついレンズを向けますが、なかなか思うように切り取れません。
 ラーメン文様が確かに気になるところですが(笑)、
 The西洋を意識した建物だと思います。


 根拠と見立て。大切にしていることです。
 安心を提供し、問題が起こる前に回避する・・・ 
 それが誰かのためなのか、仕事だからなのかは判然としません。
 勿論、ここで書いたのはそのうちでも「大変ですぅ」という一部なので、
 日々がそういうわけでもありませんが、
 1割の問題に対して、ない頭の8割位は使ってるかも知れませんね。

 前職では、部門の立ち上げにも多く関わりましたね。
 折角だからそのまま居残らせてくれるのかと思いきや異動(笑

 そこはいわゆるプロパーだけの会社だったのですが、
 猛烈に同業他社グループから引き抜きを始めた時があって、
 当然会社が割れたことがあるんです。
 私は引っこ抜かれて来た側に置かれた唯一の人間だったので、
 プロパーからは「犬」と呼ばれていたこともあります。

 ま、犬でもない猫でもない狸だったわけですけど(笑
 

 こんな私なのに、慕ってくれる人たちがいるおかげで、
 空白は埋めることができています。
 写真も大きな存在ですが、人との関わりが一番ですかね・・・



 

2014/11/11 (Tue) 08:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment