+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

独り善がり



正月の先取りというわけでもないのだと思うけど、おめでたいということになっているの図。
「取り敢えず見とこか」 熱い視線にはなれないギャラリーの距離感・・・

予定にあった数多の忘年会は今年全て終わり、あとは寒気が緩むのを待つばかり。
僕が存在しようがどうだろうが地球はやっぱり丸いし、極を軸に回る。
忘年会などしなくたって、大晦日が来て年が明けて正月が来るんだけど、
今年関わった人たちと飲んで笑って一年を振り返って。やっぱり楽しかった。
実社会もネットでも色んな人たちに支えられて。色々あったけどぴかぴかの2014年。
でも調子に乗るな。信用は一瞬で崩れる。そう戒めて。



0F5A5379.jpg

どんなに寒くても仕事には行かなきゃいけないけれど、こうも寒いと休みだからなかなか外出とならない。
「クラシッククローム」の色を試す楽しみにしていた週末。今日はいいや。大人しくしておこう。
枕元というか寝床元に雑然と、それでいて山脈のように整然と積み重ねられたカメラ・写真の本、
仕事絡みの本や資料、小説たちを片付けねば本に囲まれたまま年を越してしまう・・・
急務だ。

ところで。
お中元やお歳暮の類いはしないが、退職や異動、結婚を知った時など、気持ちのつもり程度に贈り物をする。
先日もささやかながら。その夜、丁寧なお礼のメールを頂いたが、
どうして「それ」を選んだのか知りたいからお酒にでもと。
僕の場合、案外理由を聞かれることはない。彼女が本当に知りたいのかどうかは別として、
選んだ時の気持ちも受け取りたいという心遣いに関心し、とても嬉しかった。
小説家を目指しているような人だからか、いつも言葉の組み合わせが暖かく優しく、そして美しい。
同じ日、別の方から以前の贈り物のお礼にと、木製のカップを頂いた。気にしなくていいのに。

僕のプチサプライズは、実は倍返しを要求していないだろうか、
とても不安だ。

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/20 (Sat) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Don  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 木製のカップも、なんだかんだで別の方から頂きました。
 今回はお酒のお誘い、個人のメアド付き(笑
 他にも和紙のブックカバーや扇子を今年は頂きました。
 いやいやいやといいながらしっかり頂いております(笑
 ささやかな気持ちへのお気持ち。
 私のために選んで頂いた品々。
 でもほんと、僕がプレゼント魔なだけで、
 気を遣って頂かなくて全然構わないんですけどねー。
 

2014/12/20 (Sat) 23:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment