+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

少年



この日この時間、DRLに乗って被写体を探そうと同じ事を考えた少年と乗り合わせた。
同じ感覚の彼に目で挨拶をする。一途で純粋な瞳に光を届けるそのカメラは幸せだと思った。
Nikon×FUJIFILM。

先日、仕事で夢の国の近くに来た時に何か面白いものがありそうな気がしてわくわくしたが、
それは魔法であって、いざカメラを持って来てみると、目に映るそれらはあまりに被写体であり過ぎて、
到底僕の腕如きで太刀打ちできるような相手ではなかった。
唯一、夢の国の存在感を打ち消す程の少年の真っ直ぐな眼差しが印象的だった。

12 Comments

まき  

No title

写真を現像してうちひしがれた私と似たような気持ちなのかしら…
なんとも及ばないことにうちひしがれた
なんて、始めたばかりの私と同じなんておこがましいこと言いました(笑)

きっとその少年は
まっすぐな瞳を通して
自分とその先にある被写体との間を埋める
熱い何かがあるのでしょうね。

そしてそれを見たということは
Donさんの中にもあるのだということを
私は感じています(*^^*)

2015/02/04 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/04 (Wed) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

私にしてみれば、フィルムは未知で、高い壁で、それは分厚くて。
フィルムに入っていくまきさんのカメラに対する思いを感じます。
写真に対しても、思うにしっかりとしたイメージを持っていらっしゃると。
だからうちひしがれた・・・。レベルの高いうちひしがれ方・・・。
私なんか、カメラは好きだけども使いこなせてなくて(笑)、
産毛が生えた程度のもの。1年前の写真を見て「酷すぎるな・・。」と
思えるくらいの成長(?)があるくらいです。
多分、1年後、今の写真を見て「酷すぎるな・・。」と同じ事を思う、はず(笑

出会ったこの少年のように、私にも「ある」といいなぁ(笑
感性も眼もくすんでいますので、熱い何かでカバーしなければ!
ありがとうございます。

2015/02/04 (Wed) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Don  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 気持ちとカメラが合わないことってありますよね。
 結構あります(笑
 だから、「今日もそうだったらいやだなぁ・・・」なんて思ってしまって
 重い腰になったりします。「やめとくか」なんて、しょっちゅうです。

 でも、思いもよらず、出かけてみると燃えまくったりもして(笑
 その「燃え」の可能性を信じてようやく出かけます。
 
 「思いもよらない何か」を相手にカメラとレンズを選ぶのも愉しいもので。
 事前に用意しておくのですが、直前に総入れ替え!なんてことも(笑


 
 

2015/02/04 (Wed) 22:27 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/05 (Thu) 10:47 | EDIT | REPLY |   

まき  

No title

Donさんはフィルムカメラに何をみてるのかな、と
興味をそそられました。
その分厚い壁は
何から自分を守り、何から自分を遠ざけているのかしら…

きっと両義的な壁であって
それがあることで安心もし、また憎みもするのでしょう
その壁は私にもあって、だからこんなにぺらぺら話すのですけど

壁があっても
それに囚われず
被写体とひとつになって
写真を撮りたいものです。

2015/02/05 (Thu) 10:59 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

No title

被写体であり過ぎて・・
うん。わかります。

少年、良いですね。

2015/02/05 (Thu) 17:03 | EDIT | REPLY |   

Don  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 自分の世界に完全には入りきれない、
 どこか恥ずかしさをもった「撮る」ということ。
 世間と自分の狭間にいるような彼。私も。
 そんな共通点かも知れません。

 「こんにちは♪」ありがとうございます。
 個人的には目障りで(笑)、
 なんでこんなことしてんだろう・・・と。


2015/02/05 (Thu) 19:31 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

 感じたままに数を撮って上達するにはデジタル。
 その一枚に感じたことを追い込む愉しさはフィルム。
 だと勝手に思っていて。
 あ、こう書くと手段と目的みたいですね(笑
 
 数撮れるデジタルには意外性の発見・・・も多いから、
 自分が分かっていない私には丁度良いの知れません。
 また一方で、便利機能があるから頼ってしまうのだと、
 ストイックな意味と、フィルムのその色への憧れ等々から
 昨年、本気でフィルムに足を踏み入れようと思ったことがあるのですが、
 私の中で、代替として出したひとつの提案がFUJIFILM機。結局デジタル(笑
 
 カシャカシャ撮りたい時はOLYMPUS機。後で現像します。
 カシャと撮りたい時はFUJIFILM機。その場で追い込みます。
 オレ写真撮ってんだぜぃな時はCannon機(呆)
 そんな使い分けで愉しんでいます。

 詰まる話、まさかこんなに写真にはまるとは思っていなくて(笑
 でも確かに、私の中のフィルムにおける両義性は、
 いつかはフィルムというベクトルを持っていると思います。


2015/02/05 (Thu) 19:33 | EDIT | REPLY |   

Don  

くぅさん、こんばんは

☆ くぅさん

 この少年。いいでしょ?惹かれました。

 電車なんかもそうですよね。難しい。
 存在感があり過ぎて。
 鉄道写真の中井精也氏が、三分割法より外側に置く
 レイルマン比率という構図法を編み出した理由のひとつなのかなと。
  
 記録写真としてではない写真を、
 夢と魔法の国で撮るのは難しいですね。

 あれ?でも富士山は真ん中にどーんとあると落ち着くなぁ・・・(笑


2015/02/05 (Thu) 19:34 | EDIT | REPLY |   

まき  

No title

この世界は両義的なので
そのどちらも消すことは出来ないように思います。
でもその両義性の上に立ち
越えてゆくことは可能だと思っています。

あとはそれを真に求めているかどうかの問題であって、
それはproblemではなくquestionなのでしょうね♪

色々な楽しみかたをその時々に合わせて自由に楽しんでる感じや、本当に好きなんだというのが写真やこのブログにも現れてて、だから惹かれるのかなと ふと感じました。(#^.^#)

2015/02/05 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

 仰る通りかもしれませんね。
 それを矛盾と時に言うこともあるのかも知れませんが、
 矛盾してはじめて、意外性のある新たな道が現れるのでしょう。
 越えてゆくことは、可能であるし、
 時として越えなければならないのでしょう。
 そのためにも視野は広く持っておきたいものですよね。
 だから常に「?」だと意識する必要もあるでしょう。
 そして同じ「?」も、刻一刻と変化するということを知るという
 柔軟さも求められるのかも知れませんね。
 決めつけることは、自分らしさや自分の愉しみまでをも奪うかも知れません。

 カメラ好きです。写真好きです。日々が好きです。
 すべてが特別でありたいと思う。
 惹かれて頂くほどのブログかは疑問が絶えないところですが(笑
 そう言って頂けると本当に嬉しいです。


2015/02/05 (Thu) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment