+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

60mm



Hexanon AR 40mmF1.8 は、FUJIFILM機用にと探しているコニカのレンズ。
焦点距離が60mm相当のレンズが欲しいと思って。MFにも少し慣れてきたし。
しかもマウントアダプターを通してもX-T1につけた姿はかっこいい。

数年前、初の単焦点レンズは30mm F1.4 EX DC HSMというSIGMAのレンズで
手にした後はほぼつけっぱなし。キットレンズのズームの出番なく。
フォーサーズ規格の一眼レフだったので二倍して、つまり60mm相当。
その、昔馴染んだ焦点距離の画角でまた撮ってみたいという欲求。
見落として来た何かに気付くのではないかという淡くも強い密かな期待。
ズームレンズで60mmに合わせて撮るのとは違うんだよな・・。
多分視神経的に。


『花は桜 君は美し』。沸き上がるのは懐かしく曖昧な輪郭の感情。
いきものがかり。

8 Comments

りら  

Donさん

キットレンズのズームの出番なく・・・・
その気持ち凄くよく理解出来ます
やはり あれは おまけだと思うことにしています
防湿庫に入ったままです

ズームレンズで60mmに合わせて撮るのとは違うんだよな・
同じです 単焦点の明るいレンズの誘惑には勝てません

今にもとろけてしまうかのような 生クリームで出来た花のようでもあり
蝋細工で作成された 花細工かのようでもあり
陶磁器で造られた 花のようでもあり
アロマランプを使用し 部屋での芳香浴が出来そうでもあり
Donさんのイメージは・・・・

桜ソングは名曲が多いけどいきものがかりの桜ソングは最高
Remioromenレミオロメン   Sakura ・・・もいいね

2015/03/24 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   

まき  

No title

この写真
白雪姫みたい

淡く儚く消えてしまいそうな粉雪にも似て

私の情熱は熱すぎて。
だから近づくとこれは
溶けてしまいそうで。
だからうまく近づけずに
距離感をつかめなくて。
戸惑ってただ立ち尽くした

情熱を秘めた写真家がそんな淡い恋を撮った。
そんな写真。そんな風に感じました(u.u*)(*^^*)

2015/03/24 (Tue) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんばんは

☆ りらさん

 キットレンズも、ようやく、ただ最初のレンズということではなく、
 少しずつ+αの付加価値のあるものもでてきたような気がします。 
 ただ、やはりレンズ交換式カメラの醍醐味は大口径レンズですよね。
 焦点距離の短いものは特に大口径の単焦点。

 私のイメージは・・ですが、とにかく優しい表情になればと撮っています。
 花占いの隙もない、ひたすら一途な恋。
 カメラの設定だけでは思うようにならなかったので、
 RAW現像でさらにフラットに。そしてブルーで調色・・・
 この薔薇の色。りらさんは何色だと思いますか?

 早速、レミオロメンの 『Sakura』に換えて聴いてみました。
 いきものがかりの桜ソング。小田急沿線に住めばよかった・・と(笑



2015/03/25 (Wed) 01:04 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

 白雪姫みたい・・・ですか・・・なるほど。
 包まれて眠っている感じでしょうか?
 
 恋を撮った。そうなんです、
 そういうイメージで撮りました。
 陰影も欲しい、でも柔らかな感情であれ。
 優しさって何?という最近の私の問いの中で
 言葉が見つからないので、こんな感じかと。

 花写真がよく分かっていないので、
 詰めが甘い一枚だと思っていますが、 
 ご了承くださいね。精進いたします!


 

2015/03/25 (Wed) 01:12 | EDIT | REPLY |   

まき  

No title

姫という存在は情熱をもって見つめる存在があってこそ姫であり得る。
そのように感じます。女は男があってこそ。男もまたしかり。
己の情熱の炎で溶けてしまいそうな愛する姫。淡く曖昧な姫。それはもしかしたら姫に投影し、みている己のこころかと王子は思う…。そんな物語がこの写真をみていると私の内で展開されます。
だから「白雪」の「姫」。

この写真は被写体をみているようで、それと同じくらい撮る側の存在を感じます。
とても珍しい感覚です。

恋するがゆえ、優しさとはなにかと戸惑う。
こころのゆらぎがさらにどんさんを深くするのでしょうね。
問いは答えがあるから問いなのです(^^

2015/03/25 (Wed) 16:22 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

 惹かれ合う想いをお互いが抱いたとしても、
 それは近づける、触れることができることを意味しない。
 我が身ゆえの脆さと、愛情故の刃をも持ち合わせ。
 己の弱さと傷つけることを恐れればこそ生まれる距離感・・・
 そのようなものがあるのでしょうかね。
 頂いた言葉から。

 撮る側の存在。それって私のことですよね(笑
 私がそこにいますか!?
 たまたまの花の写真なのに嬉しい言葉。
 
 なるほど。
 恋するがゆえの「優しさ」ですか・・・
 そもそもこの問いは恋するオトメからのものなので、
 凄く納得しましたよ。

 私?浅いよ。遠浅。どこまでも浅い(笑



2015/03/25 (Wed) 19:55 | EDIT | REPLY |   

まき  

No title

〉我が身ゆえの脆さと、愛情故の刃をも持ち合わせ。
〉己の弱さと傷つけることを恐れればこそ生まれる距離感・・・

読んだ時にはよくわからなかったけれど
この言葉から、ある人に
「あなたは大きな情熱をもっている人だね。情熱は攻撃的なエネルギーに近いから、自分の中の攻撃性を否定していると情熱も否定してしまうことになるよ」というようなことを言われたことを思い出しました。
情熱が人を傷つけると思っていた。それが怖くて情熱を感じれば感じるほど
その存在から距離をとった。

ふむふむ!( ̄- ̄)
私の恋愛事情を投影してましたなこりゃ(笑)

気づきをありがとうございます(*^^*)


撮る側。もちろんどんさんです(*^^*)
被写体への柔らかな気持ちが伝わってくるのです(#^^#)

2015/03/25 (Wed) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Don  

まきさん、こんばんは

☆ まきさん

 考え込ませてしまいましたね。すみません。
 私は、感覚と雰囲気で言葉を使う悪い癖があり。
 深く考える力がないということですが・・・(汗

 気付かせて頂いたのは私の方で、
 なるほど、私の恋愛諸事情を投影していそうです。
 好きなら好きと言える自然体が欲しい、などと。
 ありがとうございます。

 情熱は攻撃的なエネルギー・・・
 その情熱を再度見つける必要も私にはありそうです。
 どこに落としちゃったんでしょう(汗


 まきさんに気に入って頂く写真がまた撮れてよかった!



2015/03/27 (Fri) 01:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment