+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

休日の過ごし方



今が春なのか、もう夏なのか、日々の暑さのせいで頭も体も錯乱状態。
ディスプレイは、当然季節の先をいくので、じゃぁ。もう夏ってことで・・(了

さて。そこって決めたらそこでしか撮らないのが普通なので、今日は変則。
あじさいは如何なものぞと、境内に入れる8時に合わせてお寺さんへ行き、
お寺関係者ご子息の8歳の男の子にあれは撮ったかこれは撮ったかと終始絡まれ、
その後、いざ丸の内。KITTEを撮り、仲通りを撮り、国際フォーラムを撮り。
他にないのかと罵られそうなくらいお決まりの場所であるが、不思議と発見はあるもの。
枚数はあまり撮らない質な上に、さらに今日は少なく・・・。でも満足。

あー、明日はマップカメラ行っちゃうかもなー。うわーやべー。やべーよー。
えへへ。





XT1K1130.jpg

5月23日現在、いつものお寺さんのあじさい開花状況。
あじさい寺と呼ばれるこのお寺の広い境内、柔らかくなった花片を見つけるのが大変。
というかまだほとんどなかった。(それでも参拝料はきちんとお支払いください。)
愛だの何だのと語った勢い余ってX-T1で出かけたけど、やっぱマクロレンズ要るよね。
あじさいが本番を迎えたら・・、マクロレンズを持たないFUJIFILM機には留守番を。


4 Comments

りら  

Donさん

一枚目のお写真
ウィンドウに映る街路樹の若葉色
その若葉色はガラス面のみならずウィンドウの中まで入りこんでいるかのようです
ウィンドウは砂浜のイメージでコディネートされているようです
足早に来た夏 波の響き耳に恋しくなるお写真ですね

二枚目のお写真
深い緑に包まれて西洋紫陽花が自分の舞台を待っているようです
成人式のその日 Donさんに記念撮影をしてもらうことを願っていることでしょう

2015/05/23 (Sat) 19:32 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんばんは

☆ りらさん
 
 ウィンドウへの映り込みも、多く撮っていると
 段々と欲が出てきて、映り込みの背景込みで探すようになりました。
 と言ってもほとんどは「たまたま映っているもの」ですが。
 
 ピントはウィンドウ側のシューズに合わせてはいますが、
 新緑の色が印象的で、その存在感を薄めるように撮れました。
 ウィンドウ、背景のセットで気になる光景でした。
 カラーでもモノクロでもいい写真よりも、
 モノクロだからこそ、カラーだからこそ、という写真が撮れると
 ひとり喜んでいます。

 
 今年のあじさいのイメージはまだありません。
 イメージを持ったとしても、
 光景に出会った時に瞬間的に湧くことがほとんどですので、
 今年、あじさいとどんな出会いがあるか楽しみです。
 ピーク時は開門時間に訪れても、カメラを持った人達がぞろっと。
 静寂の境内にシャッター音だけが飛び交う舞台となります。
 



2015/05/23 (Sat) 22:14 | EDIT | REPLY |   

藍生  

Don 様へ

初めてコメント入れさせて頂きます。

最近写真を撮り始めたばかりの素人ですが、Donさまの写真は、とにかく美しいです。アングルとかトリミングとか光の使い方とか、被写体深度とか、フィルタ?の使い方とか…(用語間違ってたらすみません)。

アジサイの写真は晴れの日より、曇りとか雨の日のが好みですが、自分はクッキリハッキリ撮っていたので、この煙るような写真にはハッとさせられました。
アジサイは花も葉もパキッとしているイメージでしたが、こういう撮り方もあるのですね。とても勉強になります。

2015/05/24 (Sun) 15:57 | EDIT | REPLY |   

Don  

藍生さん、こんばんは

☆ 藍生さん

 拙い写真をお褒め頂いてとても嬉しいです。
 ありがとうございます。
 まだまだ経験の浅い、ささやかな週末の愉しみですので、
 いつも「えい!」と、思い切って公開にチェックしてアップしています。

 霧のように煙る写真は、実はいつも憧れている表現なのですが(笑)、 
 アジサイに関しては、昨年もこのようなエフェクトを使ってた気もします。
 あまり考えたことがなかったのですが、湿気でも写したいというのでしょうか・・。
 お互い、これからのアジサイシーズン、楽しみましょう。
 
 写真を撮ること、少なくとも見ることに上手い下手はないと思うので、
 些細なことでも結構ですので、何か気にとまったことなどありましたら、
 お気軽にコメントをくださると嬉しいです。


  

2015/05/24 (Sun) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment