+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

急性28mm脳炎

XT1K1269.jpg

28mmで撮りたい!といつもの気まぐれでパワフルな欲望。
それなら、XF18-55mm/F2.8-4の広角端で撮ればいいだけなのである。
ところが、単焦点がいい・・小さいレンズがいい・・28mmと言えばGRだろ・・
いや、そもそも28mmってどんなふうに撮ればいいんだっけ?
と、複雑怪奇なことになってしまう。(実はそれが愉しい)

そこでネットで得られる情報の次に頼るのが、僕の場合紙媒体、つまり本。
28mmへの拘りを知ることが出来るだろうし、写真も参考にしたいしということで、
RICOH GR の本が二冊、手元にある。

あ。



※写真はXF14mm/F2.8で撮っているので21mm相当。

2 Comments

りら  

Donさん

店頭にあるメニューが書かれたブラックボード
その横にある観葉植物
ブラックボード の入れ込みのセンス 抜群です
縦構図の下方の段差入れ込みも良いと感じます
レストランの入り口 その木目 その金属製のドアノブ そのガラスの木枠
全てがパーフェクトなデザイン性豊なレストラン探されましたね
そしてアンティーク仕上げのCLOSEDプレートで撮影決定だったようですね
Donさんの街写真のおしゃれ感
最近益々 それは感度が高まっているようです
好きな被写体は数多くありますが 都会の街写真は大好きな被写体です
Donさんのそれには今回も刺激を受けました
それは咲き誇る薔薇の花ように美麗でありながら 鋭い感性は棘のようでもあります
その花も棘も しっかり受け止めさせて頂きました
薔薇は棘あってこそ美麗なのです

2015/05/29 (Fri) 22:59 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんばんは

☆ りらさん

 21mmの画角で撮れた、初めての満足かも知れません。
 超広角・・分からないながらに、飽きずにつけていた甲斐がありました。

 ブラックボードの文字がよく読めないような角度を選んだことが、
 結果画面にまとまりが出たのかも知れません。
 驚きましたが、仰る通り、CLOSEDのプレートが撮影動機です。 
 メニュー書きがカラフルなので、
 色を落としてプレートが沈んでしまわないようにしました。

 評価して頂いてありがとうございます。
 ご評価くださる写真を載せ続けるのは簡単ではないはずですが、
 丸の内のセンスに助けてもらいながら撮り続けたいと思います。
 
 振り返って見ると、最近、案外暈けばかりに偏ってない気がします。
 少し、撮り方が変わってきたのでしょうか?


 

 
 

2015/05/30 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment