+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

あじさいブログ その2


OM-D E-M1

その2。
あじさい寺とまで呼ばれるくらいだから、当然人も集まる。カメラも集まる。
思いの花を見つけたのだろうけど、時期も時期なんだから同じ場所で占拠って・・・
三脚禁止なのに自分だけは特別というくらい堂々たる勘違い。うーん。

ところで。
カメラの背面モニタ用の液晶保護。最近ではフィルムではなくガラスも増えてきた。
比べると値は張るけど、iPhoneも保護ガラスにしているが、カメラもやはりガラスに。
表面硬度が高く傷つきにくいというメリットよりも、映りがクリアになって見やすいこと。
そういう意味では何もつけないことに越したことはないのだろうけど、大事にしたいしね。





P6060090.jpg
2.

純正のカメラケースなどは買わないのだが、ビジネスバッグに突っ込むことを考えると
GRにはケースがあった方がいいなと思い、純正のものを買った。
フラップはマグネットでとめるようになっていて、当然サイズもぴったりだし使い勝手がいい。
さっき、このケースを弄っていたら、そのフラップそのものが取り外しできることに気付いた。
説明書のようなものが同封されていたのだとしたら、そこにはきっと書いてあることなのだろうが、
ケースまで一貫して速写に拘った・・、さすがスナップシューター!




P6060069.jpg
3.

カメラストラップは、革製のものを選ぶことが多い。色はオリーブかキャメル。
なぜか、カメラストラップを買うのは冬場であって、夏場の汗のことを考慮していない。
Tシャツ厳禁だが、襟があったって汗は染みる。洗えない。毎年不便を感じるが・・・、
そろそろ衣替えだな・・。




P6060089.jpg
4.

最近、レンズ保護系フィルターが熱い。少し前までは、選択肢は多くなかった気がする。
そんな中、写りへの影響、使い勝手にどれだけ違いがあるのか、謳い文句じゃ分かりにくいが、
僕はMARUMIのEXUSシリーズが好き。レンズの汚れ、ホコリ、水滴がすぐ落ちるのが実感できる。
PLフィルターもEXUS。効き具合が分かり易くてこれはいい。最大の弱点は外しづらさ。




P6060112.jpg
5.

記憶メディアは大事だから、信頼性で選ぶならサンディスクなのかな?
でも高いので、最近は、SDカードならトランセンドの32GB(600×)を使用。
もっと書き込みの速いSDカードも手頃な価格になってきてるし、そろそろ
グレードアップしようかとも思ってるけど、オートブラケットの3枚撮りくらいだからな・・。



なんとなく、カメラ周りの話などとめどなく。


2 Comments

りら  

Donさん

1枚目
西洋紫陽花の萼の花びらが一輪開花しています
青系になっていますね
これから次々と咲き 色彩を緑系から青へ
変化させていくことに期待を持たせて下さるお写真です

2枚目
このお写真の花の色はまた異なり ピンク系のようです
縦写真の中 その花の茎が目を惹きます

3枚目
手毬のような白い紫陽花ですね
まるで照明かのごとくにも思えます
下方に見える 葉がそれは綺麗です

4枚目
額紫陽花の白の装飾花を意図的に鮮明にすることなく
本来の花が咲き始めている様子を顕著に表現されています

5枚目
額紫陽花の本来の花 その蕾が緑から青に変化してきています
それは開花が間もないことを知らせています
期待に胸が膨らむ思いです
装飾花の一輪にフォーカス
五弁の花びらと滴の戯れがそれは美麗です
Donさんのお気入りNo1ではないでしょうか・・・
昨日の一枚目のように・・・・・異なっていたらごめんなさいね

2015/06/07 (Sun) 20:16 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんばんは

☆ りらさん

 前記事の写真にも増して、独り善がりな写真達が集まりました(笑
 私のあじさい感にはちがいありませんが・・・

 一枚目は、クロスプロセスふう処理で仕上げています。 
 撮った時の私の感情と、RAW現像時の私の感情は、
 時間軸同様にズレがありますので説明がつかないことも多々あります。
 根拠はありません、直感です。
 数日寝かせて現像するといいなんてことも聞いたこともありますが、
 待っていられません。

 二枚目は、木陰に指したスポットライト光に浮かびあがったあじさいです。
 のろのろとしているうちに光が弱まってしまいました。
 茎がはっきりと浮かび上がる写真が撮りたかったです。

 三枚目は、花は小さく撮るべし・・の実践です。
 手まりのような個体は想像していませんでしたが、
 白いあじさいを日の丸構図で撮ってみようとは思っていました。

 四枚目は、なんとなく、花と葉のリズムで何となく。
 あまりにもなんとなくだったので、ソフトフォーカスにしています。

 五枚目は、仰る通り、ここぞと決めて撮った写真で、
 これもまた似たような写真がたくさんあります。 
 位置の微調整、ピントの位置、露出。
 思う色にしようとすると、花片が傷んでいるように見えたりと
 難しいものですね。色が濃いのはそんな理由です。




2015/06/08 (Mon) 18:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment