+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

恋録


GR × 無意識

伝えたい何かがあるでもなく 何となく頁に残していく・・・

その想いが焦がれるほどに強くなることも、不意に弱くなることもある。
喜怒哀楽以外のそれも感情。多分恋とかに近い。

恋と言えば。死ぬまで何かに恋していたい。
異性に対して抱く恋心に限らず、もっと広い意味での「恋」。
それが恋への恋でもいい。熱くも冷たくもなりながら。

生命力。

6 Comments

ツッコ  

素敵な窓辺ですね。

いつも何かに恋していたいですね。
そういう気持ちが大事なんでしょね。
最近そんな気持ちが薄れているので気合い入れないとっ汗。。です。

2015/06/26 (Fri) 10:35 | EDIT | REPLY |   

りら  

Donさん

窓枠のような周りを囲むようにある植物
それも魅力ですが・・・
それ以上に 言葉に尽きせぬその枠の中にある被写体
それはガラスに映り込むこの建物の前にある景観でありましょうか・・・
ガラスだとしたら・・・・
室内はどうして写らないのか・・・・
ウィンドウの中にある写真なのか・・・・
ミステリアスでありながら 魅了されるお写真です


2015/06/26 (Fri) 19:58 | EDIT | REPLY |   

kaori  

No title

レンズを通しモノを映し出す瞬間。。
そのものに恋をする感覚に陥ります・・

愛しく
より美しく残そうと


そんな感覚に浸る瞬間が好き


素敵な写真ですね

2015/06/26 (Fri) 22:34 | EDIT | REPLY |   

Don  

ツッコさん、こんにちは

☆ ツッコさん

 どこなんだろう・・・
 でもこんなの撮ってました。
 カメラは確実に記録している。
 こんな窓辺に出会っていたんですね。
 
 写真やカメラも恋の対象なので原動力になりますが、
 写欲がまったくなくなる・・・これ何ででしょうね(笑
 見つめる力が薄れる・・とか。そういう意味でしょうか。




2015/06/27 (Sat) 09:34 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんにちは

☆ りらさん

 窓に映るもの。これは一体なんでしょう。
 見れば見るほどどこで撮ったか分からなくなります。
 恐らくガラスの向こう側ではない気がします。
 ならば、立っているこちら側・・・そこは砂利?
 いや、それは錯覚で写るのはガラスの向こう側?
 
 あまり意識しなかったものが写っているのをみて
 不思議な気持ちになる種の一枚になりました。 
 私は多分これを図形としてしか捉えていなかった気がします。
 多分、三色旗を撮るのと同じ感覚だったのでしょう。

 写真は見返すと不思議なことが多いですね。




2015/06/27 (Sat) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Don  

kaoriさん、こんにちは

☆ kaoriさん

 レンズを通しモノを映し出す瞬間・・
 これも確かに恋ですね。
 意識して、それからその魅力をイメージにして。
 向き合って、もっと膨らませる。

 そう考えると、スナップふうな撮り方は
 ある種傲慢な恋かも知れませんね。
 一目惚れの押しつけのような(笑

 どちらの撮り方も私は好きです。
 傲慢だと認めます・・。

 
 ありがとうございます。





2015/06/27 (Sat) 10:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment