+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

暑中


OM-D E-M1 × 桟橋

桟橋の真ん中を歩いてくれるだろうという思惑の外れた一枚。
フレーミングを決めてしまうと、単焦点はこういう時融通が利かない・・・


暑いのは苦手なのに、夏は活動的になる。あちこち首を突っ込む。
結果、事務処理のために何とか空けておいた金曜午前に休みを取ることに・・。
一週間持たなかったというお粗末な例。

障害者の就労支援というのもまだまだ議論の余地の多い分野で。
そんな中、試みというか、モデルケースを積み重ねようとしている。
就労分野に焦点を絞ったこれまでとは異なるチーム支援の実践。
有効性とその検証・・・

それが楽しくて。

2 Comments

りら  

Donさん

桟橋から望む海
それは僅かなスペースではあるけれど・・・・
その存在感は大きなものがあります
下関行・・・・
その文字
乗船・・・・
その文字
行ったことがない街だけれど・・・
私の憧れの詩人 金子みすゞが数年間過ごした地です
万感の思いでお写真 拝見しました

2015/08/01 (Sat) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Don  

りらさん、こんにちは

☆ りらさん

 下関には私も数年住んでいました。
 いいところです。
 今回は行きませんでしたけどね。
 
 金子みすゞと言えば長門をまず思い浮かべますが、
 下関駅で人(誰だったか・・)を待つ姿が
 何故か印象的に映像化され記憶になっています。

 桟橋は撮ってみたい被写体です。
 でもまだ、何を写したいのか曖昧です。
 漠然とした思いです。
 でもいつか、ああこんなふうに捉えていたんだと
 思える一枚に出会いたいです。



2015/08/02 (Sun) 08:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment