+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

サンタがいた季節


X-T1 × Your bed?


夢に生きるタイプの僕は、随分大きくなるまで、サンタさんを信じていました。
「いい加減気付けよ」 親は思ったそうです。始めておいて乱暴な言いぐさです。

当たり前ですが、毎年、サンタさんは実に的確にプレゼントを選んでくれます。
そして、クリスマスの朝に親にそれを自慢すると、親もそれを自慢し始めます。
これはどこどこ製の一流のやつだとか、この辺には売っていないものだとか、
今考えると不自然なまでに詳しく説明するのです。何でも知っているのが親。
そういうものだと思っていましたので僕は何の疑いも持たず、むしろその価値が
その説明(自慢)によって自分の中で、更にあがっていくのを感じていました。





TX1G0160-1.jpg
X-T1 × Your room?



しかし、そんなサンタ伝説。終わりがよろしくなかった。終え方もまた乱暴だった。
サンタがいるだのいないだので外で大げんかをして帰ってきた僕を迎えたのは、
「いるわけないでしょ。父さんと母さんなんだから。気付かないあんたが悪いのよ
 外でケンカなんかしてきて。恥ずかしいわねっ!」

おれかよ‥。

物事、引き際が大事だと思います。



24 Comments

miya  

No title

私も随分長い間サンタクロースのことを信じていました。
朝になって枕元にプレゼントがおいてあるのをどんなにか楽しみだったか。・・・・何十年たってもその時の本や人形の洋服の色をはっきりと覚えています。久しぶりに思い出してほんわかした気持ちになりました。
                                         miya

2015/12/23 (Wed) 08:47 | EDIT | REPLY |   

みすてぃむーん  

No title

Don さん、こんにちは^^
こんな夢のあるお部屋でしたらサンタさんでも、何でも分かっていながらも夢は信じて行った方が
良いように思えます。今日のお写真はうっすら靄がかかっていっそう夢を誘います。
素敵な子ども部屋で、お写真ですね。Don さんはどんなタイプのお写真も、表現もお上手ですので、
これからも楽しみにしています。 《merry Christmas》

2015/12/23 (Wed) 11:18 | EDIT | REPLY |   

ネリム  

こんにちわ
サンタのいるいないは難しい問題だと思います。
夢があって素敵だとは思いますけどね

2015/12/23 (Wed) 11:31 | EDIT | REPLY |   

えめる。  

No title

サンタは居ないと、ずうっと思って生きています
ども。夢のない子供だった夢見がちなイタい大人ですw

周りの子達は結構信じている派がいたので、
羨ましく思っていました
子供の夢を大事にしてくれる家族に囲まれた彼らを

サンタクロースは、全ての人に、健康と幸せを運んできてくれるんだよ
と言った人がいました。それはステキだな〜〜

2015/12/23 (Wed) 12:08 | EDIT | REPLY |   

az  

No title

Donさん 私の息子も随分長く信じていたんですよ。

郵便局に送っといてと言ったプレゼントの内容をこっそり見て
贈りつづけました。

知ったのはいつなのかなぁ~
こちらが知らないまま、今日に至っています(聞いたことないので)
でも、夢は長い間持ち続けてイイと思った私です。

2015/12/23 (Wed) 12:42 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 14:13 | EDIT | REPLY |   

♪デコ♪  

No title

そうだったんですかぁ
デコ家はかつて今大学生の息子が小学後半
サンタの存在にいよいよ気づいて

4歳したの娘に口止めしておくようにしておりました。
。。がいつからでしょう??

娘は気づいてたのに気づかないふりをしていたようです。
そもそも子供同士で話するんですよね。

正体は。。何て
こんな夢のあった時代は終わり
今じゃクリスマスこれ買っていい??って感じ( ;∀;)

2015/12/23 (Wed) 15:30 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

No title

とーっても素敵!
こうやって撮れば良いのですね。
来年のためにノートに書いておきます!
子供たちが幼いころ、早めに買ったプレゼントを押し入れに隠しておいたら、
娘が見つけて「お母さん、大変、うちは煙突が無いからサンタさんが押し入れに入れてっちゃったよ」
そして、私の服をひっぱって押し入れに連れていき、「ね、ほらね、ね」
あのころが一番幸せなクリスマスだったかも。。。。。。(笑)

2015/12/23 (Wed) 20:02 | EDIT | REPLY |   

Don(miyaさんへ)  

miyaさん、こんばんは

☆ miyaさん

 ありがとうございます。

 人がなんと言おうとも信じてましたから。
 どうかしたら、今でもどこかで信じているかも‥。
 
 私も野球道具一式、どれがどこのものだったかも覚えています。
 それだけ親が自慢したものだと思われますが^^
 夢があっていいですよね。サンタクロース。
 サンタさんじゃなくて、本当はクロースさん?ですかね。
 なんか急に現実的になってしまいますけどね。



2015/12/23 (Wed) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Don(みすてぃむーんさんへ)  

みすてぃむーんさん、こんばんは

☆ みすてぃむーんさん

 ありがとうございます。

 ここは、山手洋館のべーリックホールの子供部屋です。
 子供部屋に割り当てたのではなく、子供部屋として設計したのでしょう。
 この部屋に一歩足を踏み入れるとほんわか愛情に包まれた心地がします。
 いつ来てもこちらの建築に魅力を感じるのは、
 部屋ごとに異なるそんな「心」にあるのかも知れません。
 
 訪れた時はいつも撮るのですが、なかなか上手くいきません。
 今回はソフトフォーカスというモードで撮ってみましたー。

 偏っているようで色んな写真を撮っている気になっていますが‥
 ご評価くださり、とても嬉しいです。ありがとうございます。



2015/12/23 (Wed) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Don(ネリムさんへ)  

ネリムさん、こんばんは

☆ ネリムさん

 ありがとうございます。

 夢も見たいし、せっかくなら公平であって欲しいし。
 心のなかに…それが一番穏やかでしょうかね‥。
 
 とはいえ、誰でもサンタになれるかも知れない。
 そう思うと、出来ることから始めたいなと思ったりします。
 微力ではあっても。



2015/12/23 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Don(えめる。さんへ)  

えめる。さん、こんばんは

☆ えめる。さん

 ありがとうございます。

 サンタはいると、もしかしたら今でも心のどこかで信じている
 それはそれでイタい大人の私です。
 サンタのことを書くのはタブーだったと今頃気付いている、
 これまたイタい大人です。
 
 クリスマスの何に向けて街が人が盛り上がっていくのか
 はっきりとさせないまま今に至りますが、どうやったって
 意識してしまうのがクリスマス。致し方ありません(笑

 その日に、いつもより大盛りの幸せが街に生まれたらいいですね。
 それもまた平和ゆえの贅沢かも知れませんが‥。

 誰もが、喜ぶ顔を喜べるそんなサンタになれたらいいですよね。



2015/12/23 (Wed) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Don(azさんへ)  

azさん、こんばんは

☆ azさん

 ありがとうございます。

 サンタに夢をみつづける。現実を知っても、
 過去に遡って強く否定されるわけでもなく…
 私を含めて信じる派の人はどうやって乗り越えているんでしょうね。
 心理学的にどうなんだろ?と興味が沸いてきたりしました。

 人が喜ぶ笑顔を見て喜べる。そんな世の中に住んでいたいものです。
 柔軟性というか、寛容さを失いつつあり、一方で偏った現在にはもっと、
 こういう素敵なことがたくさんあって欲しいなと思います。

 夢あること。多い方が楽しいですよね-。




 

2015/12/23 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   

Don(鍵コメさんへ)  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 ありがとうございます。
 
 山手洋館、べーリックホールの子供部屋です。
 初めから子供部屋として設計されているのでしょう‥
 愛情を感じるとても心地のいい空間です。

 私は、誰に聞いても信じる程の熱狂的信者でしたけどね、
 このままではマズいとどこかで感じたのでしょうか。
 いえ、今でも心のどこかで信じている節があります^^

 サンタのこころが語られたところは見聞きしておりませんが、
 私もなにか、出来ることはしていきたいなと思います。



2015/12/23 (Wed) 21:07 | EDIT | REPLY |   

Don(♪デコ♪さんへ)  

♪デコ♪さん、こんばんは

☆ ♪デコ♪さん

 ありがとうございます。

 人はどうやってサンタショックを受け入れていくのでしょうね。
 心理面での作用について知りたくなってしまいました。

 また、クリスマスの位置づけは、ライフステージによって
 変わってきますよね。良いか悪いかは別としても。
 でもやはり、私にとってはサンタクロースかなー。
 選ばれし者のところには行っているんじゃないかと。
 私には縁がなさそうですけど^^

 そうだそうだ。クリスマスだから自分に何かプレゼントを!
 っていつもご褒美だらけのくせにっ(笑


 

2015/12/23 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Don(aunt carrotさんへ)  

aunt carrotさん、こんばんは

☆ aunt carrotさん
 
 ありがとうございます。

 いつも、撮ってもアップには繫がりませんでしたので、
 今回こそはと、超広角+ソフトフォーカスで撮ってみました。
 FUJIFILMのカメラは中央重点測光が標準みたいなのですが、
 私好みに露出を算出してくれるのでありがたいです。

 かわいらしいエピソードですね。ほんわかしました。
 その後のクリスマスはどうだったのか…とても興味が湧きました。
 私は…どうなんだろう…幸せなクリスマス…子供のころ、
 なんだかわくわくそわそわしながら
 やけに立派なツリーの飾り付けをしている時でしょうか…



2015/12/23 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 23:48 | EDIT | REPLY |   

selenet  

サンタさん

素敵なお部屋ですね。
ふんわりとしていて^^

サンタクロースを、私はまだ「居るはずっ」と思っていて^^;

実は、毎年、フィンランドだったか・・・北欧に、サンタクロースの住所があると知ってから、せっせと便せんに欲しいものを書いて、送り続けていました。(最近はちょっと住所をなくしちゃったのですが・・・)
「宛先不明」で戻ってきた事が無いので、きちんと届いていたようです!^^

どうやら、そこには世界中からサンタさんに手紙を書いている人が居るようです。
書いている時がとても楽しいので、やめられなかったです^^

北欧の「ここにいるよ~」っていう、優しさは、とてもうれしいです。
来年こそは、また書こうかな~なんて^^

日本にはいないです。フィンランドは、リアルサンタさんが居ますよ~♪(明日は、サンタさんは大忙しですね^^)

夢は、持っていたいですね。

Donさん、ちっとも痛くないですよ~^^

2015/12/24 (Thu) 06:23 | EDIT | REPLY |   

ハーモニー  

こんにちは^^

私はサンタは両親だと思っていました。
夢のない子だったのかな~~~

あ、今日はクリスマスイブ☆

心を温めてくれるような素敵なひと時、
心のサンタさんに出会えますように(ちょっと照れくさい... 笑)

メリークリスマス(*^^*)..:*゚☆

2015/12/24 (Thu) 11:14 | EDIT | REPLY |   

アンナ  

No title

Donさん、こんにちは。
ご無沙汰して申し訳ありません。

新しいレンズでの撮影、とても楽しそうですね。
拝見するのも新鮮でワクワクしました。

サンタさん、私は残念ながら小学1年生で既に知ってしまいました><
母と一緒に買いに行った筆箱がクリスマスの朝に枕元に置いてあってね(笑)
興ざめでした。。。 いつまでも信じられるっていいですよね~

2015/12/24 (Thu) 16:40 | EDIT | REPLY |   

Don(鍵コメさんへ)  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 ありがとうございます。


 クリスマスのプレゼントは何故か特別で。
 見たこともない人から貰ったもののはずなのに(笑
 
 クリスマスが近付くと、やけに立派なツリーセットを
 もそもそと押し入れの奥から出してくるのですが、
 これがまた親の許可が必要なものですから、
 今日いい?いつならいい?もう出してもいいでしょ?と
 日々煩くしていたと記憶しています。
 飾り付けがまた楽しく。来たるサンタさんへのもてなしは
 イコール私自身の楽しみでもありました。
 そして、イブ当日は、クリスマスソングを流して…
 兄弟がいませんので、ひとりイベントはおてのもの(笑

 年末年始は、欲しかったものは手に入るわ、
 親戚には会えるは、さらに懐は暖かくなるわで毎年ほくほくのシーズンでした。
 それがいつしか、女の子と過ごさないとつまらない…
 なんて思うようになるとは。そのすり替わり。いつのことだったでしょう。

 外でケンカして帰ってきて現実を告げられたのは、そうですね、
 小六か、中一かくらいですかね。
 といっても、どこか今でも信じてますけどね(笑



2015/12/24 (Thu) 19:20 | EDIT | REPLY |   

Don(selenetさんへ)  

selenetさん、こんばんは

☆ selenetさん

 サンタクロースいますかー。よかった。
 私には縁がないから親がその代わりをしたのだと思いますが、
 来る人のところには来ているのだと思います。

 手紙を書いている時の楽しさ。わかるような気がします。
 私も一週間前くらいに許可のでるツリーの飾りつけをしている時、
 また、当日にクリスマスソング集を聴く時が楽しく、嬉しくて。
 同じような感じなのかなと思いました。

 「ここにいるよ~」っていう、優しさ…
 そうですよね。それってものすごい優しさですよね。
 足元にも及ばなくても、方向性としてくらいは、
 私もそんな安心感を提供できるような存在でありたいと思います。
 あ、何故か仕事に結びつける‥(汗

 痛くないですか。よかった^^




2015/12/24 (Thu) 19:46 | EDIT | REPLY |   

Don(ハーモニーさんへ)  

ハーモニーさん、こんばんは

☆ ハーモニーさん

 この世知辛い世の中ですから(あ、なんかじじくさい‥)、
 せめてこの日くらいは、誰も誰に対しても優しくなれるといいですね。
 そして心を温めてくれる心のサンタさんが。届くといいなぁ…

 現実を知ったその後も、 
 まさか親がそんなロマンチックなことをしてくれていたとも思えず‥
 サンタを信じているというより、むしろ親を信じられないのか(笑

 
 ハーモニーさんのところへも素敵なひと時が訪れますように。



2015/12/24 (Thu) 19:54 | EDIT | REPLY |   

Don(アンナさんへ)  

アンナさん、こんばんは

☆ アンナさん

 レンズを替えると気持ちも変わりますよね。
 ファインダーを覗かなくても、視点が変わるその不思議。
 でもフィッシュアイレンズはどう写るのかまだ
 覗いて見てみないとわからなかったりするので、
 そういう面白さもあったりします。
 フィッシュアイなんてこれまで見向きもしませんでした。でも
 否定していたものって案外憧れだったりするのかも知れませんね^^

 サンタさん。今でもどこかで信じてますよ(笑



 
 アンナさんのこころに平穏が訪れることを祈っています。



2015/12/24 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment