+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

TKF


OM-D E-M1 × ACCENT


勝手に略してしまいましたが、東京国際フォーラム。ここから街歩きが始まること多々です。
KITTEもそうですが、広々とした屋内空間が好きなんでしょうね‥。

ところで。
~べきだ。~ねばならない。どちらかというと嫌いじゃない僕は執着気質なんだと思います。
しかし、このべきやねばがどれだけ自分の人生において無駄な重荷かに気付いています。
だから、この言葉を例え仕事上でも使わないようになるべく気を付けていますし、耳にすると
嫌悪感を抱いてしまうまでになりました。マストなどと言い方を変えたって騙されませんよ。
掟とか証とか、これまたどちらかというと嫌いじゃなくむしろ大好きなので気を付けています。





PC120149-01-1.jpg
OM-D E-M1 × accent


きっと花にしても、咲き誇り、堂々と散ることで他人である人にも魅力的に映るのであって、
何かにとらわれて咲き、何かにとらわれたまま散る花にはなりたくないと思ったりもします。
花というとイメージ的に合わないので蝉に例えると、アブラゼミよりヒグラシになりたいです。
騒ぐのではなく奏でたい。またそれを楽しみたい。持ち越せる次の人生は多分ないのだし。
アブラゼミさんには失礼な話ですけど‥。来年に向けて備忘録的に。

久しぶりに使った、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0。
写真の善し悪しは別としてその写り。凄いレンズなんだなぁと思い知らされました。
尚、記事本文と東京国際フォーラム。何ら一切関係がございませんですよ。





EOS5DmkⅢ × T.K.F.

追加で。もう少し前に撮ったもう一枚。



8 Comments

♪デコ♪  

No title

デコ。。それ派でした。
○○しなければ
○○するべき

しかし病気をして生きていくうえで
それをしていると潰れると

今はまっいっか^^が多くなりました。
そしたら気が楽になってぐうたらしてます( ;∀;)

2015/12/26 (Sat) 13:58 | EDIT | REPLY |   

えめる。  

No title

一枚目のダイナミックな構図にみいってしまいました
二枚目は抑えた中に印象的な色が素敵ですね

こだわる性格、自分もそういうところが大いにありました
こだわりが個性を作り出す、とさえ思っていたけど
もう、面倒臭くて堪らなくなって……

自由にやりにくい日本という真面目な社会ですが
「変人のすすめ。さぁ、自由になろう♪」が来年のモットー
(にしちゃって、良いんだろうかーっ)

2015/12/26 (Sat) 19:30 | EDIT | REPLY |   

Don(♪デコ♪さんへ)  

♪デコ♪さん、こんばんは

☆ ♪デコ♪さん

 なにかと方程式を探そうとしますが、
 そういうものは、例え見つけてもその途端に陳腐化する。
 何となく見つけようとしていたものの相違。
 合っている間違っているということではないんだなと。

 大切なものを大切にすることに
 回りくどい言葉も、回りへの体裁も関係なく。
 ストレートな世界に身を置いてみたいと思います^^
 そしたら気が楽になるような気がします。




2015/12/26 (Sat) 20:14 | EDIT | REPLY |   

Don(えめる。さんへ)  

えめる。さん、こんばんは

☆ えめる。さん

 ご感想頂きありがとうございます。
 撮る段にはもっと何かを感じたのだと思いますが、
 アップする時点では「ん?」(笑
 まいっかーって言うことで。

 こだわるという言葉が、ややポジティブな意味合いが強まっている現在。
 私もこだわるということを肯定的に捉えてきました。それは同時に
 意識しているということで、気付けば重っ苦しくて。
 
 自分勝手に。もっとわがままに。前から言っているはずなのに。
 今年こそ、来年こそはと。そう思っています。
 いやいや、
 お前は前から十分自分勝手だよ!と言う声も聞こえて来そうですが‥。



2015/12/26 (Sat) 20:22 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

No title

いつもどちらかというと追い詰めてしまうタイプで
とことんきちんと最後まで派でした。
でも、年齢とともにやれないこと、やりきれないこともできてきて、
近頃、ま、いいかな、もでてきました(笑)
国際フォーラム、素敵な被写体ですね。
撮り方によっては一枚目のおうな無機質な空間、
また撮り方によっては2枚目のような温かみのある空間、、、、
撮ってみたくなりました。

2015/12/26 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   

selenet  

ドキドキします

なぜでしょうか・・・

どのお写真もドキドキします。

東京国際フォーラム TKF!の外観を見たら、グランシップに似ているな~と思ったのですが、設計会社が同じだったのですね。
デザイナーさんは違うようですが・・・
設計会社が同じだと、雰囲気が似ているような気がします。あくまでも気のせいです。
空間の取り方とか、細かいこだわりが、設計の線を引く人の人柄が表れるような気がします。
全ての線をCADを使ってですが、一本一本引いていく作業は、気が遠くなるようです。
ミリ以下単位のお仕事をされている人達が、この巨大な空間を作ったと思うと、ちょっと怖い気がして、ドキドキします。
SFの世界って、もしかして、人間の根気と根性の結晶みたいに感じて、怖く感じます。

すみません、変なコメントになってしまいましたm(__)m

2015/12/26 (Sat) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Don(aunt carrotさんへ)  

aunt carrotさん、こんばんは

☆ aunt carrotさん

 前にも違う場面でaunt carrotさんが同じようなことを仰っていて、 
 やはり今回も納得し、うんそうだそうなんだと強く頷いた次第です。
 私の「ま、いいかな」過激派的に極端なところがあるので、
 平均レベルにしたいと思います^^
 
 東京国際フォーラムでの催事に用がなければなかなか行きにくいと思いますので、 
 丸の内周辺で何かご用事をつくられて是非、撮られてみてください。
 aunt carrotさんの作風だとどんな感じになるのでしょうか?
 想像してみても、多分そればいい意味で裏切られるでしょうから、
 その日まで楽しみにお待ちしております。

 また面倒くさいに違いない記事を書いてしまった今回ですが、
 コメント頂きありがとうございます!



2015/12/28 (Mon) 07:55 | EDIT | REPLY |   

Don(selenetさんへ)  

selenetさん、こんにちは

☆ selenetさん

 撮った時は、それなりに大きな何かを感じて、
 そして選んでこの構図にしたのだと思いますが、
 何だか今見ると、どう見ていいものやら(笑
 光の当たった部分とそうでない部分のコントラスト、
 眼下に見える木々がモノクロとも思える中に彩りとなっていた…
 とか。あれ?
 でも、何かを感じて頂ける一枚になっていたとは…
 嬉しい限りです。

 グランシップ。検索してみました。
 その名の通り、TKFと同じく船がモチーフになっているのでしょうね。
 直線と曲線、無機質な中に木の温もり。
 あー確かに似ている。なんて感じました。

 根性と根性。それは魂と魂、なのかな‥
 この建築物に飽きずに惹かれるもの無理はないのかも知れませんね。
 この建物。息していますよ。きっと^^

 今、東京にいることに良かったと思うのは、
 やはり洗練されたものが、ふつーにそこかしこにあるところでしょうか。
 まぁ、それを感じるセンスや如何にというところはありますが(汗




2015/12/28 (Mon) 08:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment