+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

得心がいかぬっ


せせらぎ ×( OM-D E-M1 + LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S. )


職務用の携帯電話なりスマートホンといったものは持たせてもらえません。
外回りに携帯は必須ですから、個人のものを使って連絡を取ることになります。
多くは関係機関や企業とのやりとりなのですが、そうとも限りません。
僕は担当しているメンタル不調の要支援者の方々の多くに個人の番号を伝えています。
要支援(要援助)者に、個人情報を伝えないというのが原則だと教えられてきましたので、
つまり、掟破りです。無責任だの間違っているだの危険だのと人は言うのでしょう。
間違っているのだとしても、就労している方の職場定着支援の場面においては、
支援者対要支援者という関係ではなく、職業人対職業人の対等関係にあるとの考えからです。
「私はあなたを危険視しています」なんていう姿勢で
何かを伝えていくという術など持てるかっ!という未熟さゆえの言い訳かもしれませんが‥。

お陰様で、束白髪が出来てしまうほどの事態に巻き込まれたこともありましたがー、
未だ改めようとしません。




TX1G0456-1.jpg
秋愁 × ( X-T1 + XF90mmF2 R LM WR )


昨夜、元職員と食事に行きました。今、彼女は企業で障害のある社員の支援員をしています。
で、同僚の男性支援員に、タイプの女性には職場内外問わず片っ端から電話番号を訊きまくる
積極的な方がおられるとのことで、上司も彼をマークしているらしく情報を求められたそうです。
そして、
彼について上司に知っているところを話している間、僕を思い浮かべ姿重ねていたというのです。


ちょい待て、
意味もやっていることも、ぜんっぜん違うじゃないか。



6 Comments

mirai  

こんばんは

WB?のブルーがせせらぎモードの静かさ
一方 赤 これはお花? 動きがあって萌えてますね
だけど どちらも メランコリックな もんもんとした時間を感じますね
多分 携帯  DONさんのように 
お仕事に情熱を燃やしていらっしゃる方もいるのに と
彼と比較されたんだろうなぁ なんて 勝手に推測をばして ごめんなさい。

2016/01/28 (Thu) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Don(miraiさんへ)  

miraiさん、こんばんは

☆ miraiさん

 ありがとうございます。

 ええ、WBで色温度の高い仕上げにしています。
 冬の寒々とした切ないせせらぎが聞こえてきそうで。
 二枚目の赤は昨年12月に撮った紅葉写真です。
 きれいな葉ばかりではなかったので、
 アウトフォーカスで染まった楓を撮ってみましたよ。
 どちらも、確かにすっきりしない悶々とした時間…確かに!^^

 使い方は全く異なりそこは対比させながらも、
 基本女好きには変わりはしない。
 そんな意味もあったような感じです‥(あ



2016/01/28 (Thu) 23:59 | EDIT | REPLY |   

airi  

共感します☆

職業人として。。
一定の線引きをすべきなのは
分かっていながら…
対、人として「〜してあげたい」
という想いが、時に業種を超えて
行き過ぎた(時にすべきでは無い)
支援となってしまい、上司に嗜められる事があります。(。-_-。)

ご自身の電話番号を支援者に
お伝えしてる。。とは、
さぞ、大変な状況が多々あるでしょうね〜σ^_^;
尊敬します。。
もう一人のナンパ師(笑)と一緒に
されちゃ、たまりませんね😅💦

青と赤のコントラスト…
素敵です☆

静と動。。
暗と明。。

相対性のこの世界…
自分の中の両sideを
表しているようです✨

2016/01/29 (Fri) 04:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/29 (Fri) 12:07 | EDIT | REPLY |   

Don(airiさんへ)  

airiさん、こんばんは

☆ airiさん

 ありがとうございます。
 
 以前、紅葉写真の終わりの時も青と赤のものを対比させました。
 仰る通り、自身の中の両sideを表したものでした。
 自分で自分を抉るほどの(笑

 支援に当たる時に限界設定ははっきりしてるつもりなのですが、
 電話番号を伝えるのは設定の内側にもってくるみたいです(笑
 例えばそれは、担当者が代わったら出来ない場合がほとんどなので、
 要支援者の混乱を招くことになりかねないやっちゃいけないこと。
 分かってはいるんですよね、分かっているんですけどね、
 私自身が死に損ないみたいなものだから、起死念慮のある人なんかだと特に
 「死にたくなったら取り敢えず一本電話いれてください」と伝えてしまう(汗
 「お前にとめる力はあるのか?」と問われたら、それは「ない」です。
 自分で決めることだと思っていますし。でも、最期の連絡先って
 あるのとないのじゃ違う気がするんですよね。よく分かりませんけどね…
 よく言われる寄り添うってこと。繫がってるという安心感の醸成なのかな
 なんて思っています。
 それは、雇用企業さんに対しても同じです。色んな不安を安心に変えること。
 笑わすことが芸人の仕事なら、安心して頂くことがこの仕事なんですかね?
 なんか熱意に満ちあふれていそうですが、全然。ぜーんぜん(笑

 とは言え、見境のないナンパ師と一緒にされるのは心外でありますっ。
  


2016/01/29 (Fri) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Don(鍵コメさんへ)  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 マニュアルもない部分が多いですし、
 極端な話、答えもない世界ですからね。福祉・保健・医療の世界って。
 品質も一定ではなく、人の数だけ「質」が存在すると思っています。
 私の視点で言うと他機関と連携してサービスを提供していくわけですが、
 つまるところ人と人。いい人(温度が合う?)と繫がると、
 いい支援になりますし、その逆ではダメな支援になります。

 支援者の善し悪しというか実力は、独力の支援実力・能力によるところより、
 しっかりとしたネットワークが作れる支援者か否かだと思っていますので、
 自分の引き出しを増やすとともに、「出来る」人を掴まえて放さないようにしています^^
 私はね、バカですけどね、バックは凄いっすよ。ってのが目標です。

 私のやっていることが福祉職の中でも、市場経済との接点という特殊な分野だからか、
 そもそも営業畑だからか、私はハッタリばかりなんですよ。それで安心してもらう。
 でもね、ハッタリが嘘にならないように知恵を絞り、自分が動き、人も巻き込んで
 実現させる。はらはらどきどきのいつも綱渡りですよ^^

 何かを抱え込む状態になった時、
 ちょっと違うかなっていう窓口にもあたってみるといいのかも知れません。
 ハッタリですからっなんて心許ないことを言っている私みたいなのばかりでなく、
 ほんと凄い人、結構いますから。担当外であっても、きっと的確な人に繋いでくれる‥
 そんな気がします。

 今度何かあった時は、少なくとも孤独に抱え込まないでくださいね。





2016/01/29 (Fri) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment