+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

オッサンに言いたいこと


記憶 ×( X-T1 + XF56mmF1.2 R )


その笑顔を写真に収めたら、どう撮っても入選するだろうなという子。
遠足擬きの帰途、途中からその彼女とふたりになってしまいました。
全く覚えていないのですが、初対面は半年以上前のことなんだとか…

「Donさんのこと覚えていますよ」 (この日三度目の主張)
「ん?あ、そうなんですね(汗)」 (この日三度目の逃腰)
私のこと忘れちゃったんですね…? (ついに不満を顕わにした)
「え?あ、いや(汗) あ、目黒着きましたよ」
「え?もう着いたんですか?」
「ええ。降りるんでしょ?」
まだ話したいことあったのにな…
「ドア、閉まっちゃいますよ(汗)」 
「今度時間作ってもらえますか?」

こう言えばオトコは落ちる。を絵に描いたようなフレーズを畳み掛けられ。
別れ際の1分で年甲斐もなくあたふたしてしまいました。

翌々日の朝。 「個人的に話があるので…」 あ、個人的なんだ…
どうにも僕に何か話がしたいらしいのですが、
特に 「人生相談」 の看板を掲げて歩いているわけではありません。

2 Comments

花梨  

おはようございます

もしかして 先日の予感でしょうかね??

>「人生相談」 の看板を掲げて歩いているわけではありません

この文章を読んで笑ってしまいました(*´ω`)~♪
個人的な話…気になりますね~
(。・∀・。)

2016/07/03 (Sun) 06:29 | EDIT | REPLY |   

Don(花梨さんへ)  

花梨さん、こんにちは

☆ 花梨さん

 ありがとうございます。

 なんでしょうね?(笑
 歳が随分離れているから、意識せずに
 こういう台詞が出てきたのでしょうか?

 ラフに話しかけられていますけど、
 私が彼女の歳の頃、
 歳の離れた人に声かけるだけでも
 余程のことでしたけどね^^

 世代の違いでしょうか…(汗

 恐らくメンタルの相談とかですかね。
 そういう役割で仕事してますからね。



2016/07/03 (Sun) 17:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment