+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

存在の狭間


媚薬 ×( OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro )


レンズも決めていたのに、傘を持ってカメラは持たずに家を出た。
だから、今日という日はどこにも残っていない。残さなくていい。

僕は街中にあって誰をも認識していないし、誰からも気づかれもしなかったし、
直ぐ横に座っていた知らない女にしろ腕に伝わる体温さえ感じなかったはずだ。
それは無視されているのではなく、そもそも僕自体存在していないのかも知れなくて。
そんなことを考えながら、つくねの串を摘まみ上げる。意外にも触覚は残っていた。
感覚は全て麻痺していると信じていた。試しにつくねが不在になった串の尖端を
左手の甲に刺してみた。失ったはずの痛みまで感じてしまう。
都合良く全ての感覚を失くしたのは夢か・・。 急にやりきれなくなった。

2 Comments

miya  

No title

もしかしてdonさんは映像で表現するよりも文章で表現する方が向いているのかしら・・・とおもいました。
詩人ですね。

2016/10/02 (Sun) 08:20 | EDIT | REPLY |   

Don(miyaさんへ)  

miyaさん、こんにちは

☆ miyaさん

 ありがとうございます。
 そのように仰って頂けると、私自身振り返るきっかけになります。

 さてどうなのでしょう。写真で遊ぶのも言葉で遊ぶのも好きですが、
 どちらが向いているかを考えたことはありませんでした。
 話すこととかは苦手ですけど、書くことは昔から好きです^^
 語彙ありませんけど(笑



2016/10/02 (Sun) 09:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment