+ Turquoise Day

8番目の曜日に響くシャッターの音

初心近くまで


ゆるり 1/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


撮らぬ死にしそうとまで書いたくらいなので、ちょっとそこまでゆるカメラ。
そんな時は、マニュアルフォーカスのレンズ。頭空っぽで撮り歩くのが心地よく。

ここは、初めて一眼レフを手にして最初に撮った場所。(近所なのでね)
ファインダー越しに見るものすべてが新鮮で。そりゃもう興奮しっぱなしで(笑)。
青かったな・・。




KXE24287-1.jpg
ゆるり 2/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


写真を始めて、ものの見方とか少しは変わったのかな。
少なくとも、内面とは向き合うようになったような気もするけど・・。
どうなんだろ…

あんまり考えず、ただ悩むだけで生きてきた気がするから、
少しは自分と向き合うようになったのかも。





KXE24279-1.jpg
ゆるり 3/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


だからかどうかは別として、写真撮るのも「ただ楽しい」から「苦しい」も加わって。
案外好きなことするっていうのもしんどいものだなぁ・・なんて思ったり。

なんか違う。こうじゃないんだ。って、カメラのせいにしたりしてあれこれ乗り換えて。
レンズに答えを求めたりして気が付けば増えてしまっていて。





KXE24283.jpg
ゆるり 4/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


時々この場所に来て撮り歩くと、
確かにカメラとかレンズとか現像・仕上げも大事なんだろうけど、
一番大事なのはそんなことじゃないんだな…って思ったりもする。

もちろん、まだ手にしてないカメラやレンズの向こうに夢はみるよ(笑





KXE24330.jpg
ゆるり 5/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


写真を始めたのも多分必然。恋と同じ。そういう筋書きになっていたんだ。
上手く撮れたなら、のめり込みすぎて人生がぶち壊れてしまったかも知れないけど
そうはいかないから、気持ち強くなったり弱くなったりしながらの距離感で。
始まりはどれも大切。いつまでも仕舞っておきたいその時の気持ち。


いい写真ってなんだろう。いつか撮れるかな…撮りたいな…

そして、あしたがいい日になりますように…





KXE24300-1.jpg
ゆるり 6/6 ×( X-E2 + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4S.C )


だから僕はFUJIFILM。


おいおいCM気取りかよ。(久々


2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/07 (Mon) 16:05 | EDIT | REPLY |   

Don(鍵コメさんへ)  

鍵コメさん、こんばんは

☆ 鍵コメさん

 ありがとうございます。
 とげとげした気持ちが和らぎほっとします。

 テンプレート。変えてみるものですね。
 大事だとは思っていましたが、重くなるのには抵抗があって。
 試してみてびっくり。しっくり。おどろき。
 自分のblogを確認して喜べるその単純さが愛おしい・・(汗
 さらに気に入って頂けて^^

 好きなことをしていても苦しい。ありますよね。
 内面に向かうものなら尚更なのでしょうか?
 一枚撮る毎に摩耗するのであろう
 メカニカルシャッターの痛みもあるのでしょうか?
 頭空っぽ。大事ですね。

 ちなみにスニーカーより上は全くかわいくないです(汗

 
 お知らせがあるのを楽しみにしております。



2016/11/07 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment